●REGZA〈レグザ〉 USB外付けHDDの録画番組のコピーに成功



 http://www.4682.info/
2012/02/05更新


<このサイトの主なコンテンツ>

REGZA(テレビ)のUSB HDDの録画番組をLAN HDDやUSBハブを使用せず、パソコンにつないだUSB HDD同士で直接コピーする方法がわかりました。録画番組のコピーにはLinuxのUbuntu(ウブントゥ)を使いましたが、パソコンにUbuntuをインストールする必要もありません。UNIXの知識がなくてもできますよ。
REGZA USB外付けHDD 録画番組丸ごとコピー完全マニュアル


「REGZA HDD Easy Copy」は東芝製テレビREGZAで利用している外部ハードディスクの録画データ移行ユーティリティです。Linux OSのUbuntu上で動作します。
レグザHDDコピーソフト「REGZA HDD Easy Copy」の使い方


DTCP-IP Disc Recorder(ダウンロードはこちら)は、〈レグザ〉の録画番組をパソコンのBDやDVDドライブで書き込みできるネットワークダビングソフト。このソフトでレグザの録画番組をブルーレイ・DVDにコピーすれば、パソコンや他のテレビで視聴できます。
DTCP-IP Disc Recorder レグザ録画番組をブルーレイ,DVDにコピーする


DTCP-IP Disc Recorderを使えば、レグザやWooo、ひかりTVやスカパー!HDの録画番組をブルーレイ・DVDにコピーして、パソコンや他のテレビで視聴できます。
BRD-U8DM 買って使ってみた。ソフトとBlu-rayへのダビングレビュー


レグザ液晶テレビでは番組は放送品質のまま無劣化で録画されます。逆に画質を落として長時間録画といったことはできません。録画は自動削除設定オンが標準状態になっていて古い番組から自動で削除してくれます。
東芝REGZA〈レグザ〉用 おすすめUSBハードディスク・購入ガイド


LED REGZA 42Z2を買いました。42Z7000との比較、42Z2を使ってみての感想・評価です。
東芝REGZA Z2レグザ42Z2買って使ったレビュー 旧機種比較 最安値


45mほど離れた実家のREGZA(Z8000)で自宅のRECBOXとHVT-BCT300Sの録画番組を視聴するために無線LANでネットワーク接続しました。無線LANルーターはバッファローの300Mbpsハイパワータイプ「WHR-HP-G300N」2台とノーマルタイプ「WHR-G301N」 です。
レグザを無線LAN接続 親機WHR-HP-G300N中継,子機WHR-G301N


東芝レグザ液晶テレビ ハードディスク対応の仕様(内蔵・USB・LAN・DLNA/DTCP-IP・eSATA)、最大接続台数、一台あたりの最大容量などの比較です。
東芝REGZA〈レグザ〉ハードディスク対応 仕様比較表(種類/台数/容量)


レグザの録画番組を他のテレビやパソコンで見ようと思いたちやってみました。
DTCP-IP対応LAN HDDでレグザ録画番組を別のテレビやパソコンで見る


レグザで使っていたUSB HDDが認識しなくなった場合や録画した番組が正常に再生されなくなったときに復旧を試みる手順です。
「HDD認識しない」パソコンでレグザUSBハードディスクを復旧・修復
レグザHDD復旧ソフト「REGZA HDD Easy Repair」の使い方
REGZAハードディスク簡単修復ソフト「REGZA HDD Easy Repair」ダウンロード


REGZAで使用したHDDをパソコンで使用するためには初期化が必要です。しかし、Windows XPでは「パーティションの削除」がグレーアウトしていて削除できません。diskpartコマンドではなくマウス操作での削除方法です。
GPT保護パーティションを「マウス操作で」削除・フォーマット


そのほか全コンテンツをGoogle検索で見る。


<パソコンにつないだUSB HDD同士で録画番組を直接コピーする方法>
当初Ubuntuでxfsdumpコマンドを使う方法でいいところまで行きましたが断念。※ページ末参照
結局、ずっと簡単な方法で録画番組を新しいHDDにあっさりとコピーできました。REGZAでの録画リスト表示と再生、その後の録画もOKです。
 
このとおりにすればカンタンにできます。
  1. REGZAに新しいUSB HDDを接続して登録・初期化する。
  2. 新旧のHDD 2台をパソコンに接続してUbuntuをCD起動。
  3. Ubuntuが起動したら、HDDをマウントする。
  4. Windowsでいうところのエクスプローラーを管理者権限で実行する。
  5. 古いHDDのファイルをすべて選択し、新しいHDDにドロップして上書きコピー。
  6. コピーが終わったら、コピー先の新しいHDDから4つのファイルを削除する。
  7. 新しいHDDの「UUID」を古いHDDのものに変更する。
  8. 新しいHDDをREGZAに接続。見覚えのある録画リストが出て再生できます。


以下、2TB HDDの購入までのいきさつなど。

REGZAに接続できるUSB HDDの最大容量は2TBですが、その最大容量の2TB HDDが安くなったので、いままで使っていた500GB HDDと交換しました。
我が家の42Z7000ではUSB HDDを同時接続できないため過去の番組を見ようとしたらつなぎ替えとなり不便です。そこでいろいろ調べて試した結果、録画番組を新しい2TB HDDにコピーすることができました。

<REGZA 42Z7000購入当時500GBでよしとしました>
我が家で42Z7000を買った2008年12月。ようやく1.5TBのHDDが発売され始めたころでした。
Z7000の仕様を確認すると、USB HDDの最大容量は2TBで同時接続は1台のみ。 どうせなら大容量1.5TBにしておきたいと思いましたが次のように考えて購入を見送りました。
  • HDCS-U500(500GB、42Z7000購入時のおまけ)で、きっと当面は十分。
  • 最大2TBのところ1.5TBだと中途半端、新製品で高い。
  • いつか2TB HDDが出て安くなったら、また考えよう。
<案外いけるね、500GB>
それから1年半。我が家では録画番組はいつのまにか自動削除されて消えていくものという、トコロテン式の録画スタイルでおおむね問題なくやってきました。500GBでも我が家の録画ペースだと録って1ヶ月~1ヵ月半ほどのサイクルで消えていく感じでした。
 
<保護にすれば消えないよ、だけど・・・>
ところが、嫁がREGZAで録画しても消えてしまうからと、残したい番組はDIGA DMR-BR500に録画していました。そしてついにその250GB HDDが満タンになってしまいました。しかたなくBlu-ray(BD-R)に書き出してみたら、一枚たったの25GBしか録れないうえにめちゃくちゃ遅い。残り時間5:36の表示は5分36秒ではなくて5時間36分だった。やってられない・・・。
DIGAにはもう録画できないので、代替手段としてREGZAの録画番組の保護を教えました。そう、いままで保護を使ってなかったんです。 
保護を掛けておけば自動消去されず、録画リストの底に保護された録画番組が溜まっていきます。消えない録画番組のせいで日々の番組録画のための容量が減り自動消去されるタイミングが少し早くなってきているようです。そのうち録画番組が見ていないうちに削除される日がくるのではと心細くなってきました。
 
<ついに2TBが9,000円割れ>
我が家の500GB USB HDD HDCS-U500の録画容量の心配をしだしたころ、ついに2TB HDDが9,000円を割ったとのニュースが。(2010年06月12日号 AKIBA PC Hotline)
 
REGZA 42Z7000ではUSB HDDの最大容量は2TB。(9000系以降は4TBかも)
さらに大容量のHDDが出ても42Z7000は対応していないし、待っても記事には8,000円前後で下げ渋るだろうとのこと。9,000円割れは秋葉原での話。価格.comでの最安値は9,680円(送料別)でした。それでも安い。
いろいろググったり2ちゃんねるで調べてみると、Western Digital WD20EARSにはAdvanced Formatが採用されていてジャンパーを使ったらREGZAで初期化できなかったとか、ジャンパーなしで使っていたら残り容量40%ほどで急激に遅くなって最終的には認識しなくなったとか情報が錯綜していました。
  • Western Digitalの最近のHDDには"低速病"なる症状が出るものがある。
  • 上記の症状はOSや機器は問わずに発生しているっぽい。
  • ジャンパーの有無(4KB/512Bセクター)はとりあえず関係なさそう。
  • "低速病"はWD20EARS固有の問題ではなさそう。(よってAdvanced Formatのせいじゃない?)
他のメーカーの2TB HDDは11,500円ほど。2,000円前後高い・・・。安くなったWD20EARSをREGZAで使っているひとは相当な数いるだろうから、なんかあっても情報に困ることはないだろうということで買うことにしました。
 
それでWD20EARSには2種類あって667GBプラッタ品のほうが多少速いらしい。(ドスパラ 製品レビュー)
しかし、USB 2.0で使うのでおそらく25MB/秒程度しか出ない。SATAのときで違いがあっても意味がないだろうと、500GBプラッタ版を9,780円 送料無料のソフマップ・ドットコムでポチりました。667GBプラッタ版は9,980円で、200円ケチリました。667GBプラッタ版は消費電力が低いらしいので電気代で元が取れたのかもしれません。

ソフマップは楽天でも販売していました。調べたらSamsung HD204UIのほうがちょっとだけ安かったです。使わないと思いますがWestern DigitalにはRMA保証が付いています。
<録画した番組がコピーして移せるといいなぁ>
以前、HDCS-U500がREGZAで認識不良になる個体であることが判ってアイオーデータに修理に出す際、録画番組を消去されたら困るのでバックアップする方法がないか調べていましたが、データを消さずに修理ができましたのでやっていませんでした。あらためてググってみました。やっぱりLinuxでできるっぽいです。
KNOPPIXと同じDebian系のUbuntuが手元にあるのでやってみようということになりました。
REGZA USB外付けHDD 録画番組丸ごとコピー完全マニュアル
 

※謝辞:数々の先駆者皆様方のお陰様でUNIX半人前以下の自分でも出来ました。誠に有難う御座いますm(_ _)m ご紹介仕切れない皆様に関しましては何卒ご容赦下さい。1.Ubuntu 9.10はxfsdumpがなかった。sudo apt-get install xfsdumpでゲット。 2.xfsrestoreのオプションが参考にしたサイトのでは通らない。xfsrestoreに-v 0をつける。3.つぎにフォルダーの指定方法が判らない。/dev/sdaと/dev/sdbでは間違い。not folderが出る。(いま思うに/media/ラベルが正解か?それとも?) 4.GUIでコピーしたらだめかな? やってみる、Permission Deniedになる。cpならrootでできるけどフォルダーの指定がわからん・・・。5.ググる。Konquerorでできたひとがいた。6.Ubuntuだとなんて名前? 確認するとnautilus。じゃsudo nautilusで。 7.ぜんぶ上書きでコピー開始。25MB/sで4時間!? SATAにすればよかったよ...。 8.コピー完了、REGZAに接続。うまくいった。登録名まで元に戻ってラッキー。21:30に始めて、コピー開始が2:00。動作確認完了が朝6:30でした。

DTCP-IP Disc Recorder レグザ録画番組をブルーレイ,DVDにコピーする